整形外科

Case 43 中足骨を骨折した猫

「右後ろ脚をあげている。」との主訴で来院されました。 触診をすると、右後肢の中足骨(足の甲の骨)に痛みを認める。外傷は認められないが、軽度であるがはれ上がっている。骨折している可能性も充分考えられるため、レントゲン撮影を […]

Case 37 猫の帝王切開

同居猫と交配し、4匹の妊娠を確認していた猫が出産を開始し、3匹目までは自力で出産したのだが、4~5時間経っても4匹目が出てこないということで来院。ただちに超音波検査を行い、胎児の生存を確認し、胎児の蘇生の準備を進めた上で […]

Case 36 膝蓋骨内方脱臼により跛行をしていた、8歳の犬

以前から膝蓋骨内方脱臼はあったが症状なかった。数ヶ月前から間欠的な跛行を認めるようになった。整形外科的な検査を実施。跛行の原因は膝蓋骨内方脱臼と考えられるため、膝蓋骨内方脱臼整復手術を実施した。 手術中の様子。 左膝の関 […]

Case 22 猫の後肢骨折。ギプス固定による治療

冷蔵庫の上から落下し右後肢を骨折した。 冷蔵庫の上から落下し右後肢を骨折した。レントゲン写真にて、下腿骨遠位の骨折が認められる。幸いにも骨折部位の大きな変移は無いようである。 骨折部の内出血をみとめる。 今回はキプス固定 […]

Case 15 左膝蓋骨内方脱臼のチワワ

膝のお皿が内側に移動する、小型犬に多い病気である。痛みが出たり、跛行を生じたりする。時間の経過と共に、症状が悪化するため若齢時に手術する事が望ましい。最も大切なことは、膝のお皿が乗っている溝をしっかり作ってあげる事。 形 […]

Case 07 お腹を痛がって、とても元気がない犬

飼い主さんが抱こうとするとキャンと鳴くそうです。 レントゲン写真を見ると右の股関節が外れています (股関節脱臼)。 脱臼を整復しました。 今はとても元気です。