診療案内Services

フィラリア・ノミ・ダニ

フィラリア (月1回 4・5~11月下旬)
血液中に寄生する線虫で主に犬の心臓に寄生し、命を脅かす病気のひとつです。
フィラリアの感染虫は蚊の体内で発育し、蚊が犬を刺すことによって感染が成立します。
犬に感染したばかりのフィラリアは安全な薬(フィラリア予防薬)を毎月1回投薬すること
によって簡単に駆虫できますが、犬の体内で発育してしまったフィラリアの成虫の駆虫には大きなリスクを伴います。
フィラリア症の予防は安全・簡単に行えますが、寄生したときの治療は困難な病気です。
そのため、しっかり予防を行うことは大切です。

ノミ・マダニ (月1回)
ノミやマダニによる害は、刺されることによる直接の被害はもちろんのこと、
蚊がフィラリアを運んでくるのと同様に、条虫症やバベシア症、ヘモバルトネラ症
などの寄生虫による感染症を媒介することがあります。
また、ノミによるアレルギー性皮膚炎も多く見られる病気のひとつです。
フィラリア薬と同様、月に一度の予防をおすすめします。