診療案内Services

MRI・CT検査について
※関連施設にて対応しております

当院ではレントゲン検査・超音波検査・内視鏡検査等で評価できない生体内の異常を調べるため、連携施設にて高度画像検査を行っております。
MRIやCTは動物に痛みや傷をつけることなく検査が可能なうえ、診断の精度が上がり、治療に大きく貢献することになります。脳疾患や体内異物や腫瘍が分かるようになったり、難しいといわれていた手術が簡単に出来るようになりました。
MRI

MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)とは、強力な磁力と電磁波の力により、体の断面像を撮る事ができる画像診断装置です。
X線を使用しない為、放射線被爆の心配がありません。特に、椎間板ヘルニアなどの脊髄疾患や、発作などの頭部疾患を疑う場合などの検査に適しています。

適応症例

脳腫瘍脳炎水頭症脊髄梗塞、脊髄空洞症、椎間板ヘルニア脊髄腫瘍鼻腔内腫瘍など

CT

CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)とは、X線が出る管球が体の周囲360度を、らせん状に回転しながら連続撮影し、体のいろいろな角度の横断像を撮る事ができる画像診断装置です。
通常1方向からのみ撮影する単純X検査と比較すると、情報量がとても多く、3Dの立体画像も構成する事が可能です。また、MRIと比較すると、撮影時間が短時間ですむ事も特徴的です。特に、胸腹部の臓器の疾患や、歯・骨の評価を行う場合の検査に適しています。

適応症例

鼻腔内腫瘍、口腔内腫瘍、胸腹部の腫瘍(腫瘍の位置や大きさ、癒着の確認、転移の有無)、
歯・骨などの形状の確認、異物誤飲など

撮影に関しては提携している検査施設で、画像専門スタッフが解析診断まで行います
キャミック
※動物の輸送に関しては飼い主様にお願いしております