診療案内Services

シニアケア

老後を健康に過ごせるように
私たちにかけがえのないパートナーであるペットたち。犬や猫は7歳を過ぎた頃から ” 高齢 ” と呼ばれる年齢にさしかかってきます。
動物医療やペットフードなどの進歩によってペットの寿命も延びましたが、高齢である期間も延びています。そして犬も猫も高齢になると様々な病気にかかる確率が少しずつ高まります。

そこで必要となってくるのがシニアケアです。
シニア医療とは、日々のケアによってシニア(高齢)特有の病気を予防したり、発症を遅らせたりすることで、ペットが健康に過ごせる時間をより長くするためのものです。

ペットの特徴をよく把握し、そのペットにあった医療を行うことで、実際に病気になったときにペットができるだけ苦しまず、つらくない治療を行うことを、当院では心がけております。

シニアケアを行うことで、ペットが健康に時間をより長くし、飼い主様との楽しい思い出をたくさん作っていただけると考えております。ペットが最期を迎える時に、飼い主様とペットに満足していただけることが、当院の理想とするところです。
高齢犬に多い病気
糖尿病
心臓病
歯科疾患
眼科疾患 白内障
クッシング症候群
甲状腺機能低下症
前立腺疾患
子宮蓄膿症
ガン
皮膚疾患
変性性関節炎
股関節形成不全
高齢猫に多い病気
腎臓病
糖尿病
甲状腺機能亢進症
歯周病
便秘
ガン